HOME>はな咲く手帳>デンドロビューム
はな咲く手帳 季節の花とその管理方法
お店で見かける季節の花 どうせ枯らせてしまうからとあきらめる前に あなたも咲かせてみませんか?  
デンドロビューム
デンドロビューム 
Dendrobium
ラン科デンドロビューム属
Dendrobium
古い茎には新芽を育てる
養分を蓄えています
湿気の多い熱帯の植物ですが、直射日光の当たらない樹木に着生しています。そんな環境を再現してあげることがポイントです。

購入した鉢の管理

●直射日光は避けますが、レースのカーテン越し程度の日が当たるところに置きます。
●最低気温7度以上で冷暖房器具の風が直接当たらないように。
●花は一ヶ月ほど咲きます。終わった花は付け根から切り取ります。太い茎はそのまま残します。

水やり 肥料
●水やりは乾いたら与えます。秋冬は控えめにします。
●8月までに液肥を与えます。

花が終わったら
●春からは戸外で、秋の低温に2ヶ月ほど晒されると新しい茎に花芽を付けます。秋になったら水を控えめに、肥料も止めます。11月以降は明るい室内で育てます。
●太い茎の途中から伸び出した高芽は8月までに切り取りましょう。葉が3枚、根も付いていたら水ゴケで増やすことができます。
●古い茎から花芽が出ることはありませんが、新芽を育てる養分を蓄えています。2年ほど経って萎れてきたら切り取りましょう。

(上記の管理方法は一例です。設置場所、生育環境により異なる場合がございます。)
 
もっと花を楽しみましょう!
←マウスを近づけると変わります


戻る 
ENJOYFLOWER あなたの花を咲かせましょう (C) All Right Reserved.